IPEトレーニングコース -草津セミナー2016- 報告
群馬大学多職種連携教育研究研修センター(WHO協力センター)Activity 5

目的:
様々な教育社会環境に対応した多職種連携教育の普及と発展

期間:
2016年8月21日から8月27日

場所:
草津セミナーハウス 群馬県吾妻郡草津町

合同行事:
国内の教員・医療従事者向け多職種連携教育トレーニングコース

参加者(合計46名):
海外の大学教員9名:  インドネシア3名、モンゴル2名、ラオス1名、韓国3名
国内の大学教員    6大学から8名
国内のJIPWEN大学  3大学から3名
群馬大学26名   WHO協力センター所属教職員18名
         教員1名
         大学院生1名
         学部生6名

コース内容
・IPEプログラム作成のためのツールキット使用説明
・JIPWEN大学のIPEプログラムの説明
・参加大学の現状説明
・意見交換

意見交換での討議内容:
1) 医療安全におけるIPEの重要性が指摘された。特に、飛行機事故に学ぶ、職位に関係なくbriefingと debriefingができる能力の育成が大切であることが指摘された。
2) 全体カリキュラムの中でのIPEの位置付けについては、様々な角度からの意見があった。札幌医科大学、昭和大学では、段階的取り組みが紹介された。
3) 促進要因は、教育省の認可、学部長や学長の指導力、教員のやる気である。また、GPなど外部からの評価はプログラムの促進に役立つ。
4)「地域包括ケアシステム」の観点から、多職種間で患者の情報を共有することは、患者に対して包括的な治療を提供することにつながることが指摘されたが、このシステムそのものの理解を深める必要性が共有された。

 8月24日の海外参加者の発表では、優秀な発表に対する投票が行われて、Gwangju Health University(韓国)のDr. Il Bong Moon氏が最高点を獲得して、当日の草津音楽祭コンサートに招待され、「管楽アンサンブル/ドボルザーク」の演奏を楽しんだ。

 全体的に、参加者は互いに活発に交流を図り、大部分の参加者はツールキットを参考に自分たち独自の多職種連携教育プログラム作り、進捗状況を各自のwebsiteに掲載することに同意した。

主催:
群馬大学多職種連携教育研究研修センター(WHO協力センター)
後援:
日本インタープロフェッショナル教育機関ネットワーク (JIPWEN)