あいさつ

WHOCCホームページ挨拶

群馬大学長 平塚 浩士

現代の医療は高度化と専門化が進み、患者さんのケアに当たっては、医師、看護師をはじめとして多くの職種の医療人が関わるようになっています。多様な分野でのプロフェッショナルであるこれらの医療人が相互に連絡をとりながら上手に役割を分担し、患者さん一人一人にとって最適の医療をデザインすることが必要です。

群馬大学大学院保健学研究科・医学部保健学科では、設置当初から、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士など個々の医療人材養成の枠を越えて、多職種の医療人連携による医療、すなわちチーム医療の重要性に着目し、研究と人材育成を行ってきました。医師を養成する医学部医学科との密接な連携のもとに、学部段階から将来のチーム医療を見据えて同じクラスで学ぶ機会を取り入れたカリキュラムも行っています。このような本学の取組は、文部科学省のGP事業「多専攻学生による模擬体験型チーム医療実習」(2007年~2009年)、「総合的学士力の育成に向けたチーム医療教育」 (2010年~2012年)にも選定されて、チーム医療教育の充実を図るとともに様々な経験と実績を積み重ねてきました。

チーム医療体制を推進する過程では、日本インタープロフェッショナル教育機関ネットワーク(Japan Interprofessional Working and Education Network: JIPWEN)を組織するなど、様々な取組を通じて他大学との連携強化を図っています。さらに、モンゴルにおけるリハビリテーション教育プログラムの立ち上げなど、アジアにおける医療人材育成にも努めています。この間、WHOへの人材派遣や交流を通じ、グローバルレベルでの医療人養成とチーム医療の推進について実践を積んできました。

インターネットの発達により、世界中で情報が共有される時代にあって、グローバルな視野のもとにWHOコラボレーションセンターが本学に設置されました。これからの医療の形である多職種の医療人連携を推進するこのセンターが、日本やアジアをはじめとする世界の方々との共同作業で、チーム医療を担う医療人の育成に大きな成果を挙げることを期待しています。

WHO協力センターへの歩みと今後の展望

多職種連携教育研究研修センター長 渡邊秀臣

群馬大学は特色あるチーム医療教育/多職種連携教育(IPE)を導入している大学10校(現在は11校)と「インタープロフェッショナル教育機関ネットワーク」(Japan Interprofessional Education Network: JIPWEN)を2008年に設立しコーデイネーター大学として活動を始めました。このネットワーク活動の国際化を図るために、同年WHOの保健人材部(Department of Human Resources for Health)を訪問してJIPWEN活動を説明して、会議による普及活動、研究活動、そしてWHO研修を含むWHOとの共同活動を開始しました。

これまで毎年、WHOから職員の方をお招きしてシンポジウムを開催し、WHOの開催する国際会議Global Forum on Human Resources for Health にも第2回(タイ、バンコク、2011年)、第3回(ブラジル、レシフェ、2013年)と参加してIPEの役割について報告しました。IPEの国際学会、All Together Better Health VIを2012年に神戸で開催してWHOの保健人材戦略の普及を行いました。研究活動としては、2010年にはJIPWEN大学のIPE教育内容を英文書籍で発刊し、IPEの英文研究原著論文の報告も行っています。また、4名の教員がWHOあるいはWHOのパートナーであるGlobal Health Workforce Alliance (GHWA)にて研修を行いました。こうした活動はWHO Education Guidelines 2013: Transforming and scaling up health professionals’ education and trainingの2013年11月の発行に少なからず反映されています。

こうした活動を通して、今、国際社会が求める保健人材とその教育の重要性及びその課題を理解してまいりました。WHOとの協力活動では人々の健康に向けた地球規模の取組に的確に対応し、そして日本あるいは群馬県地域にフィードバックして人々が健康に暮らせるように寄与できる保健人材の育成につなげたいと思います。

多職種連携教育推進室からのご挨拶

多職種連携教育推進室長 篠﨑 博光

国際連合が、すべての人々が貧困から解放され、教育と職業を与えられ、健康に生活できることを目的として、2001年に15年計画でミレニアム開発目標を掲げ、国際社会で様々な取組みを行っています。一方、世界保健機関(WHO)は、これらの目標を達成するためには、保健人材不足が大きな障壁となっていることを明らかにしました。さらに保健人材の数を増やすだけではなく良質な人材育成を行うために、多職種連携教育の重要性を打ち出し、多職種連携教育による保健人材育成を推進しております。

こうした中、群馬大学はWHO西太平洋地域事務局長より2013年7月22日にWHO協力センター「多職種連携教育研究研修協力センター(WHO Collaborating Centre for Research and Training on Interprofessional Education)」の指定を受け、WHOとの取り決め事項(Terms of References)に基づいて多職種連携教育の研究・研修を行う専門機関として活動することとなりました。この活動は札幌医科大学、新潟医療福祉大学、筑波大学、埼玉県立大学、東京慈恵会医科大学、慶應義塾大学、千葉大学、北里大学、神戸大学、首都大学東京、群馬大学の11大学よりなる日本インタープロフェッショナル教育機関ネットワーク(Japan Interprofessional Working and Education Network, JIPWEN)との連携のもと行われます。

群馬大学保健学研究科は、この活動の中心的役割を果たすため、保健学研究・教育センターに多職種連携推進室を設置しました。多職種連携推進室では群馬大学多職種連携教育研究研修センターの国際活動を推進すると共に、本学の多職種連携教育の充実を図ります。また次世代を担うグローバルな視点をもった保健人材のリーダの育成を通して、群馬大学のWHO協力センターとしての継続的活動ならびに活動の質保証に貢献いたします。